交通事故の際の違反点数について

交通事故においてよく耳にするものとしてひき逃げや当て逃げなどがあります。
当て逃げとは車を他の車や建物、設備等にぶつけたりして警察に申告をせずにその場を立ち去ると当て逃げになります。
基本的に交通事故を起こすとその事故の内容に応じた違反点数が科せられその違反点数が累積していくと免許の停止や免許の取り消しといった事態になることがあります。
当て逃げの場合大半は物損事故の扱いとなります。通常であれば物損事故を起こした場合は、よほどの大事故でなければ違反点数を加算される事はありませんが、申告せずに立ち去った場合には違反点数が加算されることになります。
その場合に科せられる違反点数としては、基礎点数として安全運転義務違反が2点と当て逃げによる付加点数として危険防止措置義務違反が5点科せられることになります。これは、合計すると違反点数7点となり一発で免停になります。
それと同時に交通事故を起こした場合は、物損事故であっても警察へ申告する義務があります。申告せずに立ち去り当て逃げとなった場合には一年以下の懲役又は10万円以下の罰金となります。
しかし、警察への申告を行い通常の物損事故の扱いとなった場合に道路交通法の違反点数や罰金、懲役といったものは科せられず相手方との交渉の上で壊したものなどの損害を賠償するだけで収まります。
以上のことからもわかるように、当て逃げした場合には違反点数や罰金などの行政処分と刑事処分が科せられることになるのでこのような交通事故を起こした場合には、パニックを起こさずになるべく冷静な対応をとり速やかに警察へ申告することによって違反点数や罰金などが科せられないようにすることが重要です。

自転車事故と自動車事故の大きな違い

自動車の事故と自転車の事故では、共に車両の事故になりますので、相手が歩行者の場合には後遺症の残る大きな怪我を負わせてしまう可能性があります。特に近年では自転車による死亡事故なども起こっていて、多額の損害賠償を請求されてしまうというケースも多くなっています。
自動車の場合には自動車を購入した時や車検の時に強制的に加入しなければならない自賠責保険があります。自転車は誰でも気軽に利用することができて便利なのですが、強制的に加入しなければならない保険はなく、もし事故が起こってしまった時には治療費や賠償金などはすべて自分で支払う必要ができてきます。
つまり一番大きな違いは自賠責保険があるかないかになるのです。
自動車の場合では自賠責保険に加えて任意保険にも加入していることが多いので、大きな事故になってしまったとしても治療費や修理費、慰謝料などのお金に関する問題に関しては大きな補償をしてもらえる可能性があります。
一方で保険のない自転車の場合は、何も保障してもらえるものがないので、相手との交渉をはじめとして治療費や修理費、損害賠償金などの金銭的な負担も大きくなってしまうケースも珍しくありません。
自賠責保険も実はそこまで多額の補償をしてもらえるわけではありませんが、あるとないとではとても大きな違いがあります。
自転車を利用するのであれば、特にお子さんがいる場合には、任意で自転車の保険に加入しておくと何かがあったときに安心なといえるでしょう。
自動車保険の中には自転車事故にも対応してもらえるプランもあるので特約としてつけておくと安心です。または自転車保険もあるので自転車を利用することが多い人は加入しておくとよいでしょう。