自転車事故と自動車事故の大きな違い

自動車の事故と自転車の事故では、共に車両の事故になりますので、相手が歩行者の場合には後遺症の残る大きな怪我を負わせてしまう可能性があります。特に近年では自転車による死亡事故なども起こっていて、多額の損害賠償を請求されてしまうというケースも多くなっています。
自動車の場合には自動車を購入した時や車検の時に強制的に加入しなければならない自賠責保険があります。自転車は誰でも気軽に利用することができて便利なのですが、強制的に加入しなければならない保険はなく、もし事故が起こってしまった時には治療費や賠償金などはすべて自分で支払う必要ができてきます。
つまり一番大きな違いは自賠責保険があるかないかになるのです。
自動車の場合では自賠責保険に加えて任意保険にも加入していることが多いので、大きな事故になってしまったとしても治療費や修理費、慰謝料などのお金に関する問題に関しては大きな補償をしてもらえる可能性があります。
一方で保険のない自転車の場合は、何も保障してもらえるものがないので、相手との交渉をはじめとして治療費や修理費、損害賠償金などの金銭的な負担も大きくなってしまうケースも珍しくありません。
自賠責保険も実はそこまで多額の補償をしてもらえるわけではありませんが、あるとないとではとても大きな違いがあります。
自転車を利用するのであれば、特にお子さんがいる場合には、任意で自転車の保険に加入しておくと何かがあったときに安心なといえるでしょう。
自動車保険の中には自転車事故にも対応してもらえるプランもあるので特約としてつけておくと安心です。または自転車保険もあるので自転車を利用することが多い人は加入しておくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です